妊娠してできた線を消す方法と種類

妊娠してできた線を消す方法と種類

 

妊娠するとお腹が大きくなってきますし、皮下脂肪もつき全身が丸くなります。最初は少しずつですが、そのうち急に大きくなってきたりします。するとお腹の皮膚はついていけずに、肉割れを起こします。それが妊娠線です。また妊娠線はお腹に限らす、胸や背中、足にもできます。それを予防するには妊娠初期からマッサージをします。

 

マッサージの方法はクリームやオイルを使って、優しく撫でるようにします。肩こりや腰痛のときみたいな、揉みほぐす必要はありません。腕や足もクリームを使って、下から上へ撫でるようにします。胸をするときは、乳頭を境に上側は上へ、下側は下へマッサージします。母乳を出すためにも効果があります。妊娠中は血行も悪くなりますので、撫でることで血行も良くなります。

 

使用するクリームやオイルの種類もたくさんあります。妊婦用のものもあれば、赤ちゃんに使えるような優しい成分のものもあります。ネットでも色々なものを探すことができます炉ら肌への刺激が少なくて、保湿力が高いものを選びます。肌が乾燥すると痒みが出ますし、無意識に掻いてしまうこともあります。そうならないためにも、初期から全身を保湿ししてするようにしましょう。