妊娠中にお腹に出来る肉割れ線の除去

妊娠中にお腹に出来る肉割れ線の除去

妊娠中,お腹,肉割れ線,除去

 

妊娠線とは、妊婦の腹部に表れる線のことで、数ミリ幅の赤茶色をした線のことです。これは、妊婦のお腹が急激に大きくなるために、表皮と真皮・皮下組織の間に亀裂が出来ることが原因です。いわゆる肉割れの状態のことですが、現れる時期は妊婦によって個人差があり、妊娠中期からでき始める方もいれば臨月近くになっても目立たない方もいます。また、線は1本だけの方もいれば複数本になることもあります。

 

一般的には、急激な体重増加に皮膚が追いつかず亀裂が起きるものですので、小柄な方が急にお腹が大きくなった時や、もともと皮下脂肪が多い方などは目立ちやすい傾向があります。一度できた皮膚の亀裂は、出産後もそのまま消えないことがあるので、妊娠中の適正な体重コントロールが大切になります。

 

ことに、芸能人のような仕事の方は、妊娠線の予防に注意をされています。予防法としては、体重コントロールの他に、妊娠線の予防や除去専用のクリームなどがあります。また、妊娠に気づいたらお腹が大きくなる前から、保湿クリームを使用してこまめにマッサージするなどして皮膚を保湿し、柔軟にしておくことも予防効果があります。出来てしまった肉割れを完全に修復するのは難しいと言われていますが、適切な予防やケアで殆ど目立たなくすることは出来るようです。

 

妊娠線クリーム